トリキュラーで小さな命を守りませんか?若者の性が乱れている今の時代、人工中絶がいまだに後を絶ちません。人工中絶というのは母体にもダメージが大きく、軽く考えてはいけない現実です。

トリキュラーの作用と外用薬併用の注意点

トリキュラーとはバイエル薬品株式会社が発売している産婦人科で処方されている医薬品で避妊を目的とした低用量ピルです。
経口薬のみで今のところ外用薬はありません。
トリキュラー21と28があります。
女性の生理周期は卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つのホルモン分泌があります。
女性の生理周期は一般的には28日4週間を1サイクル(個人差あり)とし、生理が始まってからおよそ14日目に排卵が起こります。
黄体ホルモン(プロゲステロン)が増える状態になると生理の状態なります。
トリキュラーの作用としては服用することによって服用中は排卵が起こらない状態になります。
服用方法は開始日は生理第1日目から1日1錠を毎日一定の時間で定められた順に従って21日間連続服用し、7日間休薬します。
その後は続けて服用を開始します。
飲み忘れがあった場合は、翌日までに気が付いたら直ちに飲み忘れた分を服用しその日の錠剤も普通通り服用してください。
2日以上飲み忘れがあった場合は服用を中止し次の生理を待ってから服用を再開してください。
その間妊娠してしまう可能性がありますのでご注意ください。
トリキュラーの副作用としては吐き気や頭痛などがあります。
薬との併用に注意しなければならないのはかゆみ止めや湿疹などに使われるステロイド剤、抗うつ剤などが薬の作用を強めるおそれがあります。
卵胞ホルモン(エストロゲン)もステロイドホルモンの一種とされているからです。
テオフィリンという喘息に使われる薬は血中濃度が上昇するおそれがあります。
外用薬を使用していても心配はないですが、その他服用されている内服薬や使用している外用薬を使用している場合は医師や薬剤師にご相談ください。