トリキュラーで小さな命を守りませんか?若者の性が乱れている今の時代、人工中絶がいまだに後を絶ちません。人工中絶というのは母体にもダメージが大きく、軽く考えてはいけない現実です。

トリキュラーはいつから服用?生理中の体調もチェック

今の時代では、避妊方法として有名であるのがコンドームです。しかし、これは男性主導型であり、女性だけではどうにもならない部分があります。そこで、最近女性が主導で自分の身を守るために服用する薬として、低用量のピルがあります。これは女性ホルモンが配合してある錠剤であり、少しずつ日本でも浸透してくるようになったのです。
数ある低用量ピルでも、トリキュラーという商品は、医療機関でも処方されることも多く、個人輸入でも取り寄せる人がいるくらい、人気があります。低用量のピルというのは、毎日飲み続ける避妊薬であり、それによって排卵を抑えることができるのです。もしも飲み忘れなどがあると、48時間以上の間が空くことで、効果がなくなってしまうことになるのです。ですから、服用する際には注意が必要です。これはいつから飲み始めればいいのかというと、生理が始まった日から飲むようにします。最初は体がなれずに整理中の体調が悪くなるという副作用も考えられます。整理中の体調として、吐き気や気分が悪くなるなどの症状が出ることがあったり、むくみがあったりすることもあるので、そういったことは想定しておくといいでしょう。トリキュラーは、そのまま28日間服用するタイプと21日間服用するタイプがありますが、いつから飲むのかということや最後の7日間は女性ホルモンを服用しないようになるのは同じことになるのです。
トリキュラーは、徐々に体が慣れてくるので、整理中の体調も気にならなくなってくることでしょうが、飲み忘れだけは気をつけるようにしましょう。また、いつからピルを飲むようにするのかも医療機関で医師に相談をして決めていくようにするといいでしょう。